教習風景写真
トップページ  >  建設労働者確保育成助成金

建設労働者確保育成助成金

受講料の70%+日当(1日上限5,000円)が助成されます!

建設労働者確保育成助成金とは?

この制度は、中小建設業の事業主の方が従業員の教育訓練・実技講習をした場合に、その受講料の一部と、その講習に要した日当の一部を事業者の方に、各都道府県労働局から助成金が支給される建設業のみに適用される制度です。


助成金を受けることの出来る中小建設業とは?

  • 建設業であること
  • 雇用保険率1,000分の12であること
  • 資本金が3億円以下又は従業員300人以下の建設業であること
  • 受講者が雇用保険の被保険者であること
  • 雇用管理責任者を選任していること

詳しくは下記のホームページをご覧ください。

助成金をご利用になる場合には「計画届」の届出が必要です

お客様ご自身で管轄の労働局またはハローワークへ計画届と必要書類一式を届出お願いします。


◆提出期限◆
受講開始日の2か月前から1週間前まで


※「計画届」様式 様式第2号(事業主向け)はこちらからダウンロードできます。(厚生労働省ホームページ)


建設業とは?(許可業種の区分 建設業法別表第一(下欄))

  • 土木工事業
  • 建築工事業
  • 大工工事業
  • 左官工事業
  • とび・土工工事業
  • 石工事業
  • 屋根工事業
  • 電気工事業
  • 管工事業
  • タイル・れんが・ブロツク工事業
  • 鋼構造物工事業
  • 鉄筋工事業
  • ほ装工事業
  • しゆんせつ工事業
  • 板金工事業
  • ガラス工事業
  • 塗装工事業
  • 防水工事業
  • 内装仕上工事業
  • 機械器具設置工事業
  • 熱絶縁工事業
  • 電気通信工事業
  • 造園工事業
  • さく井工事業
  • 建具工事業
  • 水道施設工事業
  • 消防施設工事業
  • 清掃施設工事業


手続き方法や手順について

詳しくは、最寄りの各センタへお問い合せください。