よくあるお問合せ
トップページ  >  よくあるお問合せ

よくあるお問合せ


全講習共通

駐車場はありますか?
駐車場完備です。遅刻の場合受講できなくなりますので、渋滞や事故に巻き込まれないよう時間に余裕をもってお越し下さい。
前に取得した修了証を1つにできますか?
受講の当日にお持ち頂ければ1つに統合致します。但し、同一センタで受講した修了証に限ります。(特別教育・技能講習・安全衛生教育に分かれます。)
受講後に統合する場合は再交付手数料がかかりますのでご注意下さい。
引越して住所が変わったのですが、修了証はどうすればいいですか?
住所変更の場合修了証は書替えは必要ありませんのでそのままご使用下さい。
氏名及び本籍変更の場合は書替える必要があります。規定の用紙に記入・捺印の上、証明写真・手数料・変更が証明できる書類(運転免許証の写し(裏書も必要)又は戸籍抄本)が必要とされます。修了証を添えて発行したセンタにお申し込み下さい。
高年齢ですが、年齢制限はありますか?
特に制限はありません。但し、18歳以上でないと業務につくことはできません。
外国籍ですが受講は可能ですか?
一部のセンタで実施しております外国語による専用コースを受講してください。
〔在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書)保有者〕
受講申込みの締切りはいつまでですか?
定員になり次第締切りとさせて頂きます。申込みは先着順となっておりますのでお早めのお申込みをお勧め致します。
どのくらいの日数・費用がかかりますか?
講習内容によって1日~6日のコースがございます。
費用は1万4千円~14万円程度で講習の種類、コースによって異なります。
免許等保有資格等により異なる場合があります。お問合せ下さい。
試験はありますか?
学科と実技の両方あります。(講習の種類によっては試験のないものもあります。)
修了証の更新はしなくてもいいのですか?
修了証の更新はありません。(但し、氏名・本籍変更の場合は書替えを受ける必要があります。)
修了証を紛失又は破損した場合、どうしたらいいですか?
取得したセンタでの再交付となります。(一部別の機関での交付となる場合もあります。)規定の用紙(再交付申込書)に記入・捺印の上、身分証明書・写真・再交付手数料・返信用封筒を用意して頂き、窓口にお越し頂くか、もしくは現金書留による郵送手続きが必要です。
建設労働者確保育成助成金のことを詳しく教えて下さい。
中小建設業の事業主の方が従業員のために技能実習をした場合に、その受講料の一部と、その講習に要した日当の一部を事業主の方に、各都道府県労働局から助成金が支給される建設業のみに適用される制度です。
詳しくは建設労働者確保育成助成金をご覧ください。
受講の服装は決まっているのですか?
作業服と安全靴が基本スタイルですが、無い方は半袖以上(玉掛けは長袖)のシャツ、長ズボン、スニーカでも構いません。
但し、ランニング、短パン、革靴、サンダル、ハイヒール等は禁止です。
受講料の支払いはいつするのですか?
受講初日講習開始迄にお支払い下さい。
詳しくは、受講されるセンタへお問い合せください。
講習の申込み・予約はどのようにすればよいのですか。
受講されるコースと日程を調べ、事前に申込書を提出して下さい。(センタによって若干申し込み方法が違いますのでご確認下さい。)
申込書が届いたら、当社にて受講資格確認の上受講票(受講番号)を発行しております。
定員になり次第締め切りとさせて頂きますのでお早目のお申込をお勧め致します。
受講票がお客様のお手元に届いた段階で予約完了となります。
また、申込書は必ず原紙及びコピー用紙を使い、黒ボールペンで記入して下さい。
記入ミスを訂正する場合は、2本線で消して訂正印を捺印し、再記入して下さい。(FAXなどの感熱紙や修正テープ・修正液での訂正はしないで下さい。)
受講申込書及び修了証再発付・書替え申込書の身分証明書はどのようなものですか?
本人確認のため、身分を証明する書類が必要となります。受講日に必ず原本を持参して下さい。
申請時には本籍地記載の住民票(有効期限6ヶ月)、パスポート、クレーン運転士等の免許証、本籍が確認できる運転免許証のコピーを添付して下さい。
書換えには戸籍謄本が必要です。
※いずれも有効期間内のもの
【注意】
(1)受講される方の住所は身分証明書と全く同じ住所で書いて下さい。
(2)身分の証明がないと申込みできません。
(3)コピーした証明書を左側にのり付けして貼って下さい。
コピーした証明書の解説
特定自主検査記録表とはどのようなものですか。
簡単に言えば、自動車の車検と同じようなもので資格を有する者又は登録を受けた検査業者が検査を実施しなければなりません。
車両系建設機械、フォークリフトは1年以内ごとに1回定期に、不整地運搬車は2年以内ごとに1回定期に検査を受け、記録表は3年間保存しなければならないと義務付けられています。
(必要に応じて申込書の受講資格欄に添える。)
建設教育訓練助成金と教育訓練給付金の違いは何ですか?
教育訓練助成金は企業(会社)の受給条件に該当する事業主に受給される制度です。
教育訓練給付金は条件を満たす個人を対象に雇用保険を3年以上、若しくは3年以上掛けていて辞めてから1年以内であればハローワークから個人に給付が受けられる制度です。


車両系建設機械(解体含む)講習について

車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)とは何ですか?
ブルドーザ、油圧ショベル(パワーショベル)、ホイールローダ等をいいます。
機体質量3t未満と3t以上の違いは何ですか?

機体質量とは車両系建設機械から作業装置を除いた機械本体のみ質量を言います。

機体質量3t未満の車両系建設機械の取扱いには小型車両系建設機械の特別教育が必要で、機体質量3t未満までの車両系建設機械の運転に制限されます。

機体質量3t以上の車両系建設機械は技能講習という資格で機体質量に制限が無く車両系建設機械の運転ができます。



不整地運搬車講習について

不整地運搬車とはどのようなものですか?
不整地走行用に設計され、足回りがクローラ式、又はホイール式で全輪駆動で、かつ左右の車輪を独立に駆動させることができるものになっており、荷物を積載する荷台を備えた動力付き自動車です。
林内走行車や農業用運搬機については適用されません。
不整地運搬車の技能講習と特別教育とは?
不整地運搬車は最大積載量で技能講習と特別教育に区別されます。
最大積載量が1t以上の不整地運搬車は技能講習という資格で最大積載量に制限が無く運転ができます。
最大積載量1t未満不整地運搬車は特別教育の資格で最大積載量1t未満の不整地運搬車の運転に制限されます。


フォークリフト講習について

フォークリフト1t未満と1t以上の違いは何ですか?
最大荷重1t未満のフォークリフトを運転するには小型フォークリフトの特別教育が必要です。
最大荷重1t以上のフォークリフトは技能講習という資格で最大荷重(通常、積載荷重)に制限がなくフォークリフトの運転ができます。


玉掛け講習について

玉掛けのつり上げ荷重1t未満と1t以上の違いは何ですか。

玉掛け作業は玉掛けする荷の質量でなく、クレーン等のつり上げ荷重によって玉掛け作業のすることができる資格と定めています。

つり上げ荷重1t未満の玉掛け作業は特別教育という講習でつり上げ荷重1t未満のクレーンの玉掛け作業に制限されます。

つり上げ荷重1t以上の玉掛け作業は技能講習という資格でクレーンのつり上げ荷重に制限がなく玉掛け作業ができます。

クレーン関係の資格を持っていますが、玉掛け作業もできるのですか?
クレーン関係の資格と玉掛けの資格は別々の資格で個別に玉掛けの資格を取る必要があります。


移動式クレーン講習について

ユニックの資格を取りたいのですが、何を受ければいいのですか?
小型移動式クレーン運転技能講習を受講して下さい。(ユニックは古河という会社の小型トラック搭載クレーンの商品名です。)
ラフターの資格を取りたいのですが、何を受ければいいのですか?
ラフターは、つり上げ荷重が5t以上となると、移動式クレーン運転士免許になります。
移動式クレーン実技教習を受け、学科試験は各地(7ヶ所)の安全衛生技術センター(財団法人)で受験することになっています。
学科試験の受験勉強及び受験申請書の作成等の応援も致します。
尚、つり上げ荷重が4.9tのラフターは、小型移動式クレーンの技能講習を修了すればクレーンの運転が可能です。
(ラフターはラフテレーンクレーンの通称です。)
クレーン関係の資格を取れば、玉掛け作業ができるのですか?
クレーン関係の資格と玉掛けの資格は別々の資格で個別に玉掛けの資格を取る必要があります。


高所作業車講習について

高所作業車の特別教育と技能講習はどんな資格で受けられますか?
作業床(人及び荷を乗せる装置)の高さで分かれます。 作業床の最大高さが2m以上10m未満の高所作業車は特別教育という講習で作業床の最大高さが10m未満の高所作業車の運転に制限されます。 作業床の最大高さが10m以上の高所作業車は技能講習という資格で最大高さに制限が無く、高所作業車を運転できます。


作業主任者について

作業主任者技能講習とは何ですか?
『労働災害を防止するための管理を必要とする作業』が政令で定められ、作業の内容によっては運転技能講習修了者だけでは作業してはならないし、作業を管理する管理者が必要です。
例えば、車両系運転技能講習修了者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)は作業主任者である管理者がいないと掘削高さが2m未満の掘削作業しか運転できないということです。
職長(作業者に直接指示監督する者)や技能講習修了者が何人もいても政令で定められた作業は実施してはならないし、災害防止はできないということです。
作業主任者の職務はどんなことですか?
職務としては、
1 まず、作業方法を決める、そして、それに基づき作業を指揮します。
  ・作業主任者の能力で災害防止ができるか、作業の品質も決まる監督(職長)と全作業者の指揮をすることになります。
2 器具及び工具の点検をします。
  ・設備機械の管理も行うことになります。
3 保護具の使用状況を監視します。


大型特殊免許はどのような資格ですか?
道路交通法に定められた運転資格です。この資格がないと道路上を運転・走行できません。
また、技能講習修了証がないと現場・構内等で作業ができません。
道路補修工事などで一般の通行を禁止する処置をすると大型特殊免許は必要ないのでは?
〔判例.昭和42年5月31日 東京高等裁判所〕
道路工事のため道路標識を持って一般の通行が禁止された場所において工事用の自動車を運転するときも運転免許を必要とします。
道路を挟んで会社の建屋が建っており、フォークリフト作業をするときに道路を横断する必要があるのですが?
道路上での運転・走行が必要になりますので、大型特殊免許が必要になります。


特別教育・安全衛生教育について

特別教育とはどのようなことですか?
労働安全衛生法(第59条)では、事業者は危険又は有害な業務に労働者をつかせるときは安全又は衛生のための必要な事項について教育を行わなければならないことが義務付けられており37種類あります。

例) 最大荷重1t未満のフォークリフト業務に従事する者は 小型フォークリフト特別教育 を修了しなければならない。
      学科教育6時間、実技教育6時間 規定の科目・時間で行うものとする。
      講師は、教育科目について充分な知識、経験を有する者でなければならない。
      事業主は、特別教育を行った時は、当該特別教育の受講者、科目等の記録を作成して、これを3年間保存しておかなければならない。

コマツ教習所では、事業主に代わって様々な特別教育を開講し、受講者に修了証を発行しております。
安全衛生責任者とは?
建設現場では元請の統括指導のもとで多くの協力会社が混在作業で現場を構成しています。
この協力会社は全て(一次、二次を問わず)安全衛生責任者を選任して元請(事業者)に報告しなければなりません。(安全衛生法第16条から)
安全衛生責任者の責務...元請との連絡・調整・確認・管理
職長とは?(職長教育とは)
新たに職長につくことになった職長その他作業中の労働者を直接指導又は監督する者(作業主任者を除く。)に対し、次の事項について教育を行わなければならないとされています。
  1. 作業方法の決定及び労働者の配置に関すること。
  2. 労働者に対する指導又は監督の方法に関すること。
  3. 労働者に労働災害を防止するため必要な事項に関すること

〔教育対象業種〕
  1. 建設業
  2. 製造業(但し、次に掲げるものを除く。)
    1. 食料品・たばこ製造業(化学調味料製造業及び動植物油脂製造業を除く。)
    2. 繊維工業(紡績業及び染色整理業を除く。)
    3. 衣服その他繊維製品製造業を除く。
    4. 紙加工品製造業(セロファン製造業を除く。)
    5. 新聞業、出版業、製本業及び印刷物加工業
  3. 電気業
  4. ガス業
  5. 自動車整備業
  6. 機械修理業