助成金・給付金制度について

「建設労働者確保育成助成金」は、「建設事業主等に対する助成金」として目的別に統合され、若年者及び女性労働者の入職・定着の促進を図るため助成率の見直しが行われました。

平成30年4月1日からの助成内容

人材開発支援助成金

建設労働者技能実習コース 経費助成 賃金助成
雇用保険被保険者数
20人以下の中小建設事業主
支給対象経費の
75%(90%)※1
一人あたり日額
¥7,600(¥9,600)
雇用保険被保険者数
21人以上の中小建設事業主
受講者が
35歳未満
支給対象経費の
70%(85%)※2
一人あたり日額
¥6,650(¥8,400)
受講者が
35歳以上
支給対象経費の
45%(60%)※2
建設事業主 受講者が女性建設労働者支給対象経費の
60%(75%)

人材確保等支援助成金

若年者及び女性に魅力ある
職場づくり事業コース(建設分野)
事業主経費助成
中小建設事業主 事業の実施に要した経費の60%(75%)
建設事業主 事業の実施に要した経費の45%(60%)

◆( )内は生産性の向上が認められる場合 
要件については厚生労働省ホームページで確認してください。

  1. 被災三県(岩手・宮城・福島)については支給対象経費の全額
  2. 被災三県(岩手・宮城・福島)については支給対象経費の80%

詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください


トップへ
戻る